フィルムカメラ・フィルム写真のワークショップ

初めてみよう!フィルムカメラはとっても簡単

ワークショップ概要とフィー

フィルムカメラの使い方の基礎から撮影のアドバイス、現像の頼み方まで。幅広いチョイスの中からレンタルカメラも用意しています。

 

 

どんなワークショップなの?

最近若い世代に人気のフィルムカメラやフィルム写真。「写ルンです」で楽しんでいる方も多いですね。フィルムにはデジタルにはない優しさや雰囲気、何よりも写す人や写される人の心までが写真に込められるようです。

難しいかも…… と尻込みしているだけではもったいない。フィルムカメラで写真を撮るのはとっても簡単だし、フィルムカメラを使って写真を撮るのはとっても楽しいものです。

フィルムカメラのワークショップに参加してみて下さい。すぐに使えるようになりますよ。

露出?ピント? 大丈夫、とっても簡単。丁寧に教えます。

フィルムのカメラ持ってないし…… 大丈夫、レンタルカメラも用意しています。

フィルムの入れ方、写真の取り方、現像の出し方、撮った写真の楽しみ方。

「フィルムカメラの使い方」ワークショップにぜひ参加して下さい!

 

開催スケジュール

随時ホームページでご案内します。

 

個別ワークショップの開催

ご家族やお友達とご一緒のワークショップをご希望する方は、3名以上であれば、日程や場所など調整のうえ、個別開催も可能です。気軽にご連絡ください。*1

 

こんなことを学びます

1. フィルムカメラの構造

2. 露出の簡単な話

3. フィルム装填の仕方

4. 街へ出て実際に撮影してみよう!

5. フィルムの巻き戻し方

6. フィルムの取り出し方

7. 現像はどこに頼むの?

8. 現像の頼み方

9. プリントの頼み方

10.とった写真を、インスタグラムやSNSに掲載するにはどうするの?

 

「いいね」がたくさん貰えますよ!

 

こんな方を対象としています

フィルムカメラを持っているけど使っていない方。
フィルムカメラ、フィルム写真を始めてみたい方。
写ルンですのその次に進んでみたい方。

・成人の方を対象としてます。未成年の方のご参加は保護者同伴の場合でもご遠慮いただいています。

 

お友達とご一緒にワークショップに参加をご希望する方は、3名以上であれば、日程や場所など調整も可能ですので、気軽にご連絡ください。

 

コースの-基本的な流れ

・カフェなどに集合

・使い方の基本とフィルム装填 (30分程度)

・ストリートフォト (1.5~2時間程度)

・現像所/カメラショップに移動(15~30分程度)

・現像依頼(15分程度-郵送で行う場合もあります。)

・解散

(現像が出来上がるまでは早くて一時間程度はかかりますので、出来上がり前の解散になります。現像を待ってもいいし、後日受け取るもよし。現像所によっては郵送を依頼できたり、やネットでの受け取りも可能なところもあります。)

 

トータルで2.5~3.5時間程度。ゆっくり撮影やランチを挟む場合はもう少し長くなります。

 

注意:ご自分のフィルムカメラをお持ちの方は、機種名を事前連絡の上お持ちください。フィルムはこちらでご用意します。レンタルカメラも準備しています(別料金)。

 

フィー(受講料)

・参加者1名:3000円(税込)

・24枚撮りフィルムは代金に含まれます。

・レンタルカメラは別料金・500円です。

・カフェでの飲食代、現像(含プリント/デジタル化、郵送料等)にかかる費用、交通費は受講者負担になります。

 

ご注意

当日体調が悪い方の参加はご遠慮ください。
当日は歩きやすい服装でお願いします。
ペットやお子様の同伴はご遠慮ください。
成人の方を対象としてます。未成年の方のご参加は保護者同伴の場合でもご遠慮いただいています。

ワークショップ中の事故や怪我等について講師や主催者は責任を取れません。

 

レンタルカメラ

レンタル対象カメラの一例です。他にもご用意できる場合もありますので、ご希望の方は相談してください。

 

filmcamera.hateblo.jp

 

お問い合わせなどはお気軽にどうぞ

kuchiki.office@gmail.com

 

朽木鴻次郎

f:id:tavigayninh:20180605083223j:plain

 

 

 

*1:講師は千葉県市川市在住なので、関東・首都圏エリアに原則限らせていただきますが。